第5期名人戦挑戦手合七番勝負第4局

  • 当該対局が無勝負となったのは213手目で「挑戦者の趙治勲が劫の取り番で無かったにも関わらず、劫を打ち抜いたため。趙は直前に記録係の彦坂直人に、取り番であるか確認をして打ち抜いたため、反則負けではなく立会人裁定により、無勝負となった。」(Wikipedia.名人(囲碁)より)
  • なお、使用ソフトの仕様でエラーを吐いてしまうため、SGFから最終手(9の十一)を削除しています。


ロード中。

数分待っても碁盤が表示されない場合、別のウェブブラウザでお試しください。
盤面 全体
画像をダウンロード
SGF
2022-05-18 2022-06-23
スポンサードリンク

検索

類似の棋譜(30手)

類似度 高         

類似の棋譜(50手)

類似度 高           

設定